2016/09/20.Tue

ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法

いつ、なんでこの本を手にとったんだろう。
覚えていないんだけど、家にあったから読み進めてみる。

電車の移動中や、寝る前にちょこちょこと。

ny.jpg


とにかく、前向き、とにかくポジティブ。
自己啓発本を読むのは好き。
この本は、本当に単純にとにかくポジティブ思考で
かんたんに書かれていて読みやすい。

ただぁ。。。
そうなんだよ。わかっちゃいるけど、
なかなか出来ないよね。って
日本人あるあるのことも書かれていて

でも、ニューヨークの女性は、そう考えるんだぁって
世界の思考を知ることが出来て、
なかなか面白いと私は思う。

かっこいいよ。かっこいい。
確かにそんな風にポジティブ思考で
そんな対応が出来てそんな生き方が出来ればかっこいいよ。
って憧れちゃう本の内容かな。

人がどう思おうと自分で決めて自分の意見をハッキリ語る。
って書いてあったけど、
ぶっちゃけ えぇぇぇ~って思った。
でも、確かに人に何を言われても
最終的に決めるのは自分だし
意見を言わなきゃ伝わらないし。って思った。

子どもってそういうとこあるじゃない。
平気で、ダダこねるし(笑)
平気で、おばさんって言うし(笑)
純粋に生きているよね。

いつから人の目を気にして、自分らしさを見失い
生きづらいと感じてしまうことが増えてしまうのか・・・。
って思った。

「自信」を持つのに他人の評価は必要ない。

自信とは自分を信じることです。
自分を過剰評価したり、傲慢になったりすることとは違います。
周りの意見や評価に動じず、自分をしっかり持っている、
しなるけれど折れない太い芯が凛と立っているということです。

自信のある人は人との違いを恐れません。

って言葉があった。
グッと響いた。

自分の芯はどこにあるの?って聞かれたことがある。
今までの私は、人の意見に左右され
いちいち言われたことに一喜一憂し
流されるようなことが多かった気がする。

ん?と思っても、指摘されれば
そうだよね。
そっちの方が正しいのかな?とか。
す~ぐ流される。

人と比較されれば、やっぱりダメな人間なんだ・・とか。
すぐ凹む。

でも、何だか突然
そんなのや~めたって思ったんだよね。

今、めちゃくちゃわがままに生きてる。
でもそれが、今まで出来なかった私で、やらなかったのも私。

色んなことがあるけど、
私は私。
まさにこの言葉。

いつ買った本かわからないけど、
今の私に読みなさいって出てきてくれた本だと思った。
そんなタイミングって色んな場面である。

おぉぉ~何だか繋がってるなぁって。

人生って面白いね。

自分の人生を自分らしく生きる。
それが、あなたが生まれてきた意味。

うん。納得。






| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示