2015/09/17.Thu

やっぱり変形性股関節症・・・ですかね。

突然の激痛の翌日に
足を引きずりながら近所の整形外科へ・・・

待合室の椅子に座るのも辛い

順番がきて診察室へ・・・
先生に痛みの説明をする。

今までと違う場所。
今までとは違う激痛。

ベッドに横たわり、足を曲げたり伸ばしたり・・・
痛いっつうのと泣きそうになりながら、診察を受ける。

と、先生。
2014年3月の時にレントゲンを撮ってるよね。
その時に変形性股関節症って言ったと思うんだけど、
ここ最近の原因不明の痛みといい、
今日の激痛といい、
1回ちゃんと、股関節専門医の先生に見ていただいたら?
との診断。
今日、レントゲンを撮って、
病院を紹介してあげるから、診てもらいなさいと・・・

早速、レントゲンを撮り、
先生がまず診て、うーん。角度的にはやっぱり骨が足りないんだよな。
でも、痛みの出方がなぁ・・・と

そう、ここでいう、角度的にはって表現は、
前にも書いたけど、

「 臼蓋形成不全 」のことです。


kotuban.jpg

幼いころに何か言われたことない?
と先生に聞かれました。
そう。臼蓋形成不全って生まれつきの股関節の病気で
若い時には症状が現れずに
ある程度の年齢になると、股関節周辺に痛みが出たり、
太ももや、お尻などに痛みやダルさが出てくるらしいのです。

女性に多く、
上記の場所に違和感を感じ始めてから
初めて病院でレントゲンを撮り

「 臼蓋形成不全 」 だとわかり、
広い意味で、
「 変形性股関節症 」 と診断されるらしいのです。

まさに、私がそう。
中学高校とバスケットボールをやってきた。
スキー、スノボー、もガンガン行ってた。
体を動かすことが大好きで、
子ども達とも本気で遊んだし、
40代になっても、鉄棒で逆上がりも出来たし、
縄跳びの二重跳びだって 50回は飛べた(笑)

マラソンも、
2012年の1月からスロージョギングを初めて
めっちゃ走るのが楽しくなって、
大会にも出るようになって・・・って。
ガンガン運動してきたのに、今更~的な感じでした

とりあえず、変形性股関節症と言われてるんだから、
向き合いましょうと
この時になって、初めて色々と調べるようになったりしたんだ。

紹介状をもらってからの経過はまたつづく・・・・

でも、マラソンを続けていくのは、
やっぱり負担がかかってたんだねー。


変形性股関節症 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示