--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/21.Wed

vsむすこ むすめの悔し涙


昨日は朝から子どもとバトルをした。

息子が
「ゲームソフトの入れものがない」と大騒ぎ。


よぉーく探してごらんよ。
昨日どこで使ってたの?

って、優しい私 


こっちの部屋で使ってたんだけどないんだよ!!
とイライラしている息子。


でも、R (息子の名前)しか使ってないんだから、
お部屋にあるはずでしょ?
よぉーく思い出して探してごらん。

って、またまた優しい私 


だから探したけどないんだよ
とキレる息子・・・

そして、M (娘の名前)さぁーどっかやったでしょ?
って言いやがった。
お姉ちゃんに話をふりやがった。

もちろん娘は、
しらないよぉー。
昨日 R あっちの部屋でやってたじゃんと。

私も、なんでお姉ちゃんに言うんだよと。
ちゃんと探せばあるはずでしょ!

とまだまだ優しい私 

だけどないんだよ
となぜかキレる息子。


はい。もう優しいお母さんはいなくなりました 

さっきっから聞いてれば、
ないないないないって、ろくに探しもしてないくせに、
ないないないないってさぁ。
しかも、お姉ちゃんのせいにまでして、
いったいお前は何様なんだ!!とキレました。


大事なものなんでしょ。
よぉーく探してごらんて言ってるの。
外には持っていってないんだから、
家の中にはあるんだから、
よぉーーーく探せって言ってるんだよ。ってキレました。

そしたら、息子、
まぁ。ふてぶてしい態度で、
ないって言ってるのにさぁ・・・なんてつぶやきながら
しぶしぶと探しに・・・。


で、お姉ちゃんにも
M さぁ。R だけじゃ探すの無理だろうから、
申し訳ないけど手伝ってあげてくれる?
とお願いしました。

で、ふたりで探すこと20分くらいかな?
何だかギャーギャーやっていたり、
テレビをボッーと見ていたり、
探している様子がありません。

で、私。
ねぇねぇ。大事なものなんじゃないの?
見つからなかったら、もうゲームは禁止だし、
やらせませんからっとカツを入れ、
しばらく様子を見ることに、

そして何分後かに、
娘の怒りに満ちた声と泣き声が混ざって聞こえてきました。


はぁ
全く何をやっちょるのかね?
と様子を見に行ったら、
なんで、怒りながら泣いてるの?ってアホな息子。

どうしたの?って聞いたら、
娘さん。

私、R のこと怒ったの。
お母さんから、大事なものだから探せって言われてるのに、
遊んでばっかりいて、
このままだと、またお母さんに怒られるんだよって言ってるのに、
ぜんぜん探す気持ちがないから、
私、R のこと怒ったの。
なんで探さないのかと思ったら、悔しくて、悔しくて。

って泣いているではありませんか・・・。
何だか私そっくりなんだよなぁ。娘さん。

一番必死になって探さなくちゃいけないのは、
息子くんあなたですからぁ・・・残念


さぁて。さぁて。
このバカ息子。どうしてくれよう。
最近の私の悩みでもあるんだよね。

まずは、なんで遊んじゃってるの?と聞きました。
探してるよと息子。

じゃぁ、なんで M が泣いちゃってるのよ!
R が探してないから泣いてるんでしょ!って。

そしたら、弱虫息子くん。はい涙・・・

だって、だって・・・


だってじゃねぇんだよ。
R がないって騒いでるから、
お姉ちゃんにも頼んで探してもらってるんでしょ。
それが、なんだよお前。
R にとっては、探さないで遊んじゃっても平気なものなんだよね。
大事なものじゃないんだよね。
じゃぁ、お母さんが見つけたら、捨てますからといいました。

いやだいやだ。さがす。さがす。
ごめんなさい。ごめんなさい。と急に焦りだしましたよ。

まったく、ここまで言わないと気付かないのかね。
お姉ちゃんの気持ちがわからないのかね。


お姉ちゃん、もういいよ。
R 一人で探させな。って言ったんだけど、
ううん。大変だから私も一緒に探すよと。

悔し涙まで流したのに、
なんて優しいお姉ちゃんなんでしょう。


それにしても、息子よ。
なんでお前はそんなんなっちゃったのかね?

はぁ・・・。

そしたらなんてことない、
ぐちゃぐちゃだったお布団の上においてあり、
ちゃんと布団たたみをやったらすぐに出てきました。


お姉ちゃんに謝れーーーーーーと超特大のカミナリを落としました。


最近、息子の扱い方がよくわかりません。
繊細で、神経質な息子。
でも、かっこつける息子。

はぁ。本当に難しいです。

愛情が足らんのか?
男だからとプレッシャーをかけ過ぎたか?
うーーーん。
接し方を考えなくちゃダメだな。
がんばってみよう。


おねえちゃん。本当にありがとう。




まったく、少しは、考えろ!!ちゃんとしまう所決めてあんだろっ.

このさわやかな祝日の朝が、 
なんだかどんよりな祝日の朝になっちゃったじゃないかよ

って、息子に言っちゃった私。
こういう余計な一言が、
息子を傷つけ自信をなくさせているんだよね。

わかってるんだけど、わかってるんだけど、つい・・・



そして、あれあれ旦那くん?
聞いてたよね。今の話聞いてたよね。

あーーー。
イヤホン両耳にささっていましたかっ 
こんな中、ゲームをやり続けていた旦那くん。
さすがです





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
子ども | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。