--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/21.Sat

ひとしずくのお話

娘さんは、今はゲームに夢中だけど、
案外本を読むのが好きな子です。

一緒に図書館に行ったり、古本屋に行ったりしても、
ずっと飽きずに本を見ていられます。

そんな娘さんの本の選び方は、
かわいい絵や、ほっこりした絵で選んでくることが多く、
なるほどねーと思いますが、
私も好きな感じの絵なので、一緒に癒されます。

で、最近古本屋さんで買った本。

ひとしずくのお話ひとしずくのお話
(2004/08)
かとう ようこ

商品詳細を見る


これも表紙で選んだ娘さん。
お母さんも読んでみてっていうから読んでみたよ。
本の内容も、ほっこり心があたたかくなるような内容。

うん。いいんじゃない。
「しあわせな時間」見つけましょ。



そういえば、前に、「幸せ」ってなんだと思う?
と娘に聞いたとき、
「幸せって思ったときが幸せなんじゃない」って
言ってたっけなぁ。

小学3年生深いですねー。
勉強になりますっ(笑)





| Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ほんとだね
Re: No title
>たつさん

 ほんとだよね。
 子どもの感性?ってスゴイと思うの。
 大人って、幸せって何?って聞かれちゃうと
 う~~~ん・・・って絶対悩むと思う。

 でも、普通の生活が出来ることが幸せなんだよね。
 
 多くのことを望んじゃうと、自分を追い詰めることになり、
 なんだかうまく回らなくなり、
 幸せが遠くに行ってしまうような感覚になる。

 素直な心で、
 今が幸せなんだなと思いたいね。

 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。