2011/08/11.Thu

人づきあい学習帖

先日読んだ本の 『 家族のさじかげん 』 と同じ著者。
山本ふみこ さんの本になります。

人づきあい学習帖人づきあい学習帖
(2006/02/28)
山本 ふみこ

商品詳細を見る


エッセイ本なんですが、
山本ふみこさんの本は読みやすい。

気取ってるかたぐるしい感じが全くなく、
スラスラっと読めてしまいます。

山本ふみこさんの本を全部読んでみたいくらいに
ファンになりました 
-------------------------
さまざまな人づきあいをしている中で、

忘れてならないつきあいが、ある。その相手は、わたし。
自分とのつきあいだ。


って書かれているところがあって、
抜粋させていただくと、

これがなかなか重要で、そして、なかなかむずかしい。
ちゃんと見てつきあっていないと、わたしなどはすぐ怠けて、悪者になる。
やさしいこころを忘れて、とげとげしい行動をとったり。
ひとに対して向けるはずの気持ちを自分にばかり向けたり。
自分のしあわせを、ありがたがらなくなったり。

自分から目をそむけていると、ほんとうに恐ろしいことになる。
わたしは、顔のしみやシワなんか、少ししか(!)恐ろしくないけれど、
自分の精神の汚れは怖い。
むき合っていないと、汚れも、曇りも見えない。
時には自分を引きとめ、または背中をぐいと押し、
時には励まし、またはうんと叱る。

わたしとわたしの間にも、いろんな歴史がある。
このあたりで、これからもよろしく、と言っておこうか。

-------------------------
という部分。
またまたズンときましたよぉ

最近の私。
自分のことをちゃんと見ないで、
旦那くんや、子どもの粗探しばかりしていました 

イライラした態度をとっていれば、
周りは嫌な気分になるよねぇ・・・

やさしい心を思いだぜ、自分!!



そういえば、昔。会社の後輩と、
彼との付き合いを長続きさせるには・・・って話で、
「 おもいやり 」 が大事だよね~なんて、
よく話していたのを思い出したよ。

しばらく連絡していない友達にも、連絡とってみよう。
あと、親にも連絡してみるかな。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示