2015/11/02.Mon

変形性股関節症~大阪マラソン完走からの思い~

めっちゃ長文になります(笑)

臼蓋形成不全で、変形性股関節症と言われた私。

過去の投稿でも書いたけど、
この病気って、進行性の病気なんだよね。

でも、その進行具合も、その人によって全然違ったり
突然の激痛が襲って来たりするかも知れないし、
痛みもなく過ごせるかもしれない。

でも、進行性の病気だから、
一生付き合っていかなくちゃならないわけで、
どうしたらいいのか
そのへんの葛藤で、悩んでいる人もたくさんいると思う。
 
臼蓋形成不全=変形性股関節症
って診断を受けちゃうと、その進行状態にもよるけど、
運動しちゃいけませんよ・・・なんてことを言われることもあると思う。


私は進行上、前期の段階で
軟骨のすり減りなどもなかったけど、
突然の激痛や、慢性的な臀部の痛みがあったりした。

走るのには向いていない足と知った時には、
生きていてもつまらない・・・くらいまで凹んでたよ。

でも、整形外科の先生にも
痛みが出ないなら走ることも続けてみては・・・と言われたし
痛みが出たらやめなさいと。
自分の足を大切にして下さいと言われた。

そして慢性的な臀部の痛みを取り除いてくれた
鍼灸整骨院にも出合えたりと、私はついていたのかも知れない。

同じ病気の人でも日常生活においても苦しい痛い思いをしている人も
いるかも知れない。
でもね。痛みをとる色んな手術の方法もあるし、
自分に合った病気と向き合う方法はたくさんあるんじゃないかと思うの。

痛いのが怖くて、動かさずに安静にしていたりするとね
余計に股関節の可動域が狭くなって固まって
いざ動かそうと思うと痛みが強くなったりするんだって。

だから、変形性股関節症と言われても
先生とよく相談して、自分の体と向き合えば
自分なりにこの病気と向き合っていく方法はあると思うんだ。

だから、進行状況がわからなくて、不安で仕方ない病気なんだけど、
私は自分なりに進む方法を見つけたよ。

走ることが好きな私。
自分の体と向き合って、大阪マラソンを完走出来ました。

それまで、本当にみんなに心配もかけたと思う。
走って平気なの?
山登りは平気なの?
無理はしないでって・・・
本当にあたたかい気持ちをいただき、
その思いを胸に大阪マラソンを走りました。

もう、楽しくて、楽しくて、
ガチで記録を狙っている人は、
スマホを片手に持ち、へらへらしながら、
写真を撮りながら、エイドで爆食いしながら走るなんて
考えられないかも知れません。

でもね。本当に楽しかったよ。
突然の激痛がいつ来るか不安だったりしたけど、
みんなの思い、沿道の声援に支えられて完走できたんだ。

あまりにもはしゃぎすぎて、
あれれ?股関節痛いじゃん。
あれれ?足が前にでないじゃん。
なんて、悔しい思いもしたけど、
そんなときに、ずっと私のことを追跡してくれていた友達から
ペース速いよと指摘を受けたりして
マラソン大会に出て、歩くなんて恥だって思っていた私だけど
体と向き合ったら、歩いてもいいかって思えた。
仕方ないじゃんって。

そして、少し痛みが出た時には、
やっぱりフルマラソンって相当体に負担がかかるんだなって
ちゃんと自分の状態を受け入れることが出来たから、
フルマラソンは、最後にするって決心もついた。

そして、最後の最後まで色んなことと葛藤しながら、
大好きな大阪も最後になるんだなぁ・・・なんて思いながら、
最後には、笑顔で完走出来ました。


そこで思ったことがあるの。

ランナーさんあるあるだと思うけど、
私も記録にこだわりすぎて、痛みと向き合えてなくて
無理をして走って悪化して、なんて繰り返しだった。
でも、今、自分の体と向き合うことを考える機会に恵まれて、

痛みがあって、ロキソニンを飲んだりして走るのってダメだと強く思うの。
走るようなってから中毒になる気持ちもわかる。
走ってないと不安で、おいて行かれるような感じで、
記録を出さないと走っている意味がない・・・
みたいに追い込んじゃったりする気持ちもよくわかる。

でもさぁ。
先生も言っていたけど、
マラソンで生計をたてているわけじゃないでしょ。
マラソンで生計をたてている人は、それが仕事なんだから、
多少自分の体に鞭打って頑張ってもいいかも知れないけど、

趣味でやっている人がね、
痛みがあるのに、それを薬でごまかしたりしながら走っているのは
やっぱりおかしいと思うんだよね。
レースになるとアドレナリンが出て痛みを忘れるなんて言ったりするけど、
そのあとの負担は相当大きいものがあると思うの。

仕事に支障が出たり、生活に支障が出たりしたら
それこそ、マラソンなんてしてんじゃねーって言われるよね。

レース中に倒れちゃったり、救護されたりした経験がある人は
本当にその経験を生かして自分の体と向き合ってほしいと思うけど、
そういう人に限って、また無理をしがちだったりするんだよね。

本当に心配だよ。
好きなことをやっているんだから、
倒れてもそれはそれでいいんだ!なんて思っているのかな?

それは、違うような気がするの。
好きなことをやっているんだから、
好きなことをずっと続けて楽しんでいくためにも
絶対に無理はしちゃいけないんだよ。

なんて言っている私も、
みんなからすれば、
痛いんじゃないのかよ!
なんで走ってるんだよ!!
なんて思われているかもしれない。

そう思われるのも仕方ないと思ってる。
だから、痛いといいながら走っている人にも
心配だからやめて欲しいとは言わない。
それは自己判断だからね。

私はね。
変形性股関節症と言われて、走ることについて本当に考えた。
やめちゃおう。と何度も思った。

でもね。やっぱり走るのが好きなんだよね。
大阪マラソンを完走出来て、
やっぱりまた走りたいって思ったもん。
でも、フルマラソンはやっぱり今回が最後です。

今回は、大きな痛みもなく、走れたこと。
無理をしなかったから、筋肉痛程度で終わったこと。
本当に自分の体と向き合えたこと。
本当に色んなことが学べたよ。

そして、走ることについては、
ゆっくりなら痛みが出ないことも分かったから、
ゆっくり走ることは続けていこうと思います。
もちろん、病院の先生と相談しながらですよ。

走らないでモヤモヤしている精神状態を考えたら、
痛みが出ないのを前提に、
痛みが出たら走るのをやめることを肝に銘じて
本当にゆっくりと走る気持ちよさと楽しさを選びました。

だからね。
記録を狙って、痛みを我慢しながら走り続けている人に言いたいの。
走るのが好きなら、
痛みがある時にレースに出るなとは言わないけど、
ガチで走らないで、
1回でもいいから、ハイタッチを満喫して、エイドで爆食いして走る
楽しむランをしてほしいと思います。
そして、痛みが和らいだとき、行けそうな時に
また記録を狙えばいいと思うの。

こんな事を書いたら、
努力している人に対して失礼だ!とか、
何にもわかってない!!とか、
色々叩かれるかもしれませんね。。。

人それぞれ走ることについては、
色んな思いがあると思うので、それはそれで
自分の判断で楽しむことが一番だと思います。

まぁ、こんな楽しみ方もあるよって、
私が大阪マラソン当日に
ガチで楽しんだ投稿はまた書きますね。

フルマラソンは、もうおしまいだけど、
走る楽しみはこれからも、ゆっくり続けて行こうと思います。

心配してくださったみなさん。
応援して下さったみなさん。
本当にありがとうございました 
みんな大好きです。





変形性股関節症 | Comments(4) | Trackback(0)
2015/10/09.Fri

かめさん と大阪マラソン練習会

変形性股関節症で凹みまくっていた私。
今まで、痛くても走っていたのに、
はっきりと言われた後は、走る気がおこらなかった。

でも、大阪マラソンは当たってる。
走ると決めた。
でも、走れない・・・

そんな何もしない私を
大阪マラソン練習会として、
まずは、ウォーキング(散歩)から芝生ラン→ロードへと
ゆっくりと導いてくれた友人がいます。

そう。かめさんです(笑)

kamesiba.jpg

かめさんは、走れなくて泣きべそをかいていた私を
走らなくていいよと言ってくれ、
おじいちゃんと、おばあちゃんのお散歩のように、
ゆっくりとまずは、体を動かすことと、連れ出してくれました。

大会まで、時間が合えば練習をお付き合いくださっています。

その後、芝生ランを1kmとか、
2km走って10分休憩とか、
それはそれはもどかしい、イライラする練習内容でした(笑)

速い!ダメだ!
お尻をもっと振って!
また速い!
って、キロ8分くらいでも怒られながら、
徐々に距離も伸ばして練習しました。

9月中旬に走っていいよと、病院の先生に言われて
それから、始めた かめさんとの練習会

今週になり、少し長い距離を走ってみようと
一緒に10kmに挑戦!!
キロ7分半~8分で。

走れたぁぁぁぁぁ!!!


かめさん。本当にありがとう。
べらべらべらべら喋りながら、
またスピード上がってる。
歩幅を小さく!ゆっくり!!
ってもどかしさを感じながら・・・
でも、この距離を走ったのは、たぶん2か月ぶりくらい・・・

走れた。走れた。
本当にありがとう。
と、少し自信を取り戻した私。

それを察してか、
かめさんと会える日しか走っていなかった私に、
かめさんから、自主練するように指導が!!

え~ん。まだまだ不安だよぉ・・・・

と思いながらも、やってみることにしました。

つづきは、また今度ぉ~。

でも、走れたよ。走れたの!!
すごーーーーーーい嬉しかったの巻ぃ 
変形性股関節症 | Comments(2) | Trackback(0)
2015/10/05.Mon

大阪マラソンへの焦り

ほんとに、ほんとにバカな私はさぁ。
先日お山に行ったときに、話に夢中になりすぎて、
下りの岩場で足を滑らせ、手をつく間もなくお尻を強打 

痛いのなんのって、一瞬息は出来ないし、
腰まで響くし、背が縮んだ気がしたし、
でも、それでも歩かなきゃ下山出来ないし、
泣きべそかきながら、意地で歩いて下山したんだけど、

後ろから見ていたお友達が、
ダルマ落としのように、
スコーンと一瞬でいなくなったぞ!と・・・

幸いにもそのすっ転んで、尻餅ついた岩が
まったいらだったのが救いだった。

が、それからの日々が辛い辛い・・・
土の上だとすっ転んだにも関わらず、歩けていたのに、
ロードを歩くと響く。響く。
帰りの駅の階段なんて最悪だったよぉぉ 

こんな時に、またロードの足への負担を実感してしまい
ロードを走る衝撃が怖くて怖くて・・・

いつまでたっても走る勇気が出ない。
鍼灸整骨院では、5kmまでなら走っていいよとの許可もおりてる。
その後も回復傾向で、
ツッパリ感も減ってきて、体幹トレーニングなどをやらされて
走る距離を伸ばしていいよとの許可も出た。

が、こんなザマ・・・

みんなに心配かけているのに
足をつくるために、筋力を落とさないために
山へ山へと山ばかり行き、
先日のコースも、ちょっと長い6時間行程くらいの中級レベルを
設定してもらったの。
雨上がり、いつもより長い距離、
完全に油断した。

でも、1週間湿布を貼り続けたからか、
ロードでも、早歩きが出来るようになったんだ。
で、今日多摩川の芝生とロードを交互に走ってみたよ。
バカだから、少しスピードあげちゃって、
少しハリが出たから、短い距離でやめちゃったけど・・・ 

みんなごめんね。
おバカな私を見守ってね 

そして、おバカな私は、
未だに、大阪マラソンが最後なら
足がどうなってもいいから、今持っている力を出し切り
ガチでいくか・・・なんて思っていたりするの。
怖くてこわくて走れないくせに
気持ちばかり焦って、つっぱしって・・・・

そんな走りをしたら、完走すら出来なくなる。
これからの山登りも行けなくなるかもしれない。

だから、歩いてでもいいから完走・・・
に切り替えなくちゃいけないのに
おバカで負けず嫌いの私はそれさえも未だに出来ていない。

でもね。
芝生でウォーキングから付き合ってくれて、
お山も一緒に付き合ってくれるお友達と約束をしたの。

完走したらビール奢ってやるって 

他にも、ずっと追っかけて声援してくれる友人もいる。
去年もあの多くのランナーが走る中で、
3回も私を見つけてくれたんだ。

そんな単純な理由でもいいから、
無理せずに完走するという約束を果たしたい。

だから、みんな見守っていてください。
大阪マラソンまで1ヵ月を切り、
ロードを全く走れていません。

フルマラソンに4回出て、
距離にもなれたはずなのに、
今では5kmも走れない・・・

焦る。泣きそう。
でも、やっぱり完走出来ないのはいや。
ビール一杯でも、完走する約束を果たします。

芝生で、走り、ロードへと・・・
我が家の近くには、こんなに素敵な芝生広場があるの。
利用しないとね。

si.jpg


完走お祝い。
なんでも受け付けます(笑)
どうか、暴走しないように、
歩いてでも完走してこいと、
耳が痛くなるほど私に言い続けてください。

飴ちゃん1個でも、
団子1本でも、
たこやき10個でも、
完走しなきゃやらんと、
私の暴走を止めて下さいね。

よろしくお願いします 



あ~マジで走るのが怖い・・・
でも、みんながいる。
強くなるぞ!暴走しない決心が出来るように!!!


変形性股関節症 | Comments(2) | Trackback(0)
 | ホーム | Next »